平成31年1月1日以降は「完全予約制」に変更となります。

ホーム > ブログ > ワーク

ブログ

野球肩を科学する02

  • 2016年8月 2日

院長です。

 

長くなりそうだったので分けました

「野球肩を科学する」のパート2です。

images (1).jpg

痛くない方には関係ないけど、痛い人には結構深刻

それが野球肩です。

 

ある程度 治療がうまくゆくと 日常生活においては痛みは無くなりますが

投げるとやっぱり痛い もしくは 投げ終わった後が痛い・・・ 

コレ ○○が上手くいってないかもしれません

 

「○○」とは、「フォロースルー」です!

 

フォロースルーとは、コトバンクによると」

球技などで、球を打つ・投げる・蹴るなどしたあとに、腕・足を最後まで振り切る動作。

 

ボールが指から離れた瞬間 集中が切れ 雑な動きになってしまっている選手が多いです

特に疲れた時など 集中力をキープするのは難しいですよね。

勢いのついた腕を減速させるために 肩関節に力を込め 肘関節を含めた 腕全体が

ねじれ過ぎ 戻せないまま減速 終了。 

これが何度も続くものだから段々と 胸椎と 肩関節 肩甲骨が連動できなくなり 痛み再発!!!

 

頑張りたいのに頑張れない・・・ 

これを解決する為には 切れない集中力と 新しいフォロースルーの開発が必要です。

 

~切れない集中力~

集中力が切れるのは、根性がないわけでも精神が弱いからでも有りません

ゴール設定を間違っているからです。

 

昔 患者さんで射撃をされている方が見えました。

300Mさきの的に射撃を行う際の コツは350M先を狙って打つそうです。

ゴール設定を変えているんですね。

 

剣豪宮本武蔵が 初めて真剣による試合を行う際 師匠に頂いた助言は

「刀のつばで、相手の眉間を割るように 刀を振りなさい」だったとの事

この試合で 武蔵は勝利し生き延びるのですが 相手の致命傷はわずかに眉間に入った

剣先が決め手だったとのことでした。

この話も ゴールを変えて形を変えた結果ですよね

 

~新しいフォロースルーの開発~

これは実は 簡単です。

簡単すぎ&個人差有りすぎで 簡単には書けません。

正しいフォームはすでに選手一人一人の中にあります。 宗教臭く聞こえるかもしれませんが科学的な話です。

ですから、そのフォームを邪魔しない 身体の環境を整えることで 新しいフォロースルーが完成します。

 

 

一緒に 着地点を変え ボールに対するアプローチを変えましょう。

共に戦いますよ~~(^o^)/

 

腰痛・ムチウチ症の治療は

たんぽぽ鍼灸整骨院へお任せください

☎0985-50-1197


野球肩を科学する

  • 2016年7月31日

子供たちは夏休みを満喫しているでしょうか?

いつの頃からか朝のラジオ体操は 各家庭でするようになったのですね

知りませんでした。うちでもつい先日から 子供たちがラジオ体操をするようになりました。

DSCF6063.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閑話休題

当院は 「野球肩」 もしくは 「野球肩モドキ」の患者さんが時々お見えになります。

そんな患者さんについて 私が治療の際に意識していることをつらつらと書いてみました。

 

まぁいわゆる 正当な野球肩というのは 肩関節を支える「インナーマッスル」の仲間である

「棘上筋」と言われる筋肉が 肩甲骨と腕の骨に挟まれ 投球動作の際にはさまって痛みを

発生する状態です。異論は色々有るでしょうがここでは認めませんw

棘上筋の腱が 慢性的な痛みの為分厚くなっていない限り ほとんどの方が即日 その場で

痛みは取れます。

 

これは痛みのメカニズムとしては 比較的簡単な 構造ですし どこの整骨院・接骨院 病院でも

それなりに治療して痛みから逃れられます。

私は「痛みの出ない投げ方」の もっとその先

「体を壊さず、たくさん投げる方法」これを患者さん伝えてゆきたいのです。

 

野球肩治療後期でぶち当たる課題「もっと痛み無く たくさん 速く投げたい」症候群には

フォアスルーをマスターしていただく必要が有ります。

 

長くなりそうなのでまた パート2へ!!

 

 

急な腰痛・急なムチウチ症の治療は
たんぽぽ鍼灸整骨院へお任せください
0985-50-119


原因不明の病に対してのアプローチ

  • 2016年7月29日

蝉がやかましく鳴いておりますね

今年の夏は 暑くなりそうです。

IMG_9546.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日 患者さんよりうれしいご報告がありました

私の取り組んでいる治療の象徴的な事例でしたのでご紹介したいと思いました

 

この患者さん 「脚の脱力と 足首周りの所在のない痛み」と言った症状です

難しいのは 原因が、現在医学では解明できないこと・・・

 

県内の大きな病院にて毎月 経過を観察されていますが 原因が不明の為 病名も付かず

薬の処方や 治療もなく 年々少しずつ動かなくなっていました。

 

当院にお見えになった時 理学的検査や 評価を行いましたがやはり

どこから症状が出てきているのか分からない状況でした。残念無念

 

そこで!「現在の機能」を高める事に絞って治療プランを組み

鍼灸治療なども組み合わせ 背骨の機能の底上げを図りました。

 

ここが肝要です!「背骨の機能の底上げ」 

これにより自律神経のバランスを調整したり

投球フォームを安定させたり オスグットが治ったりする場合があります。

 

今回の患者さま 約半年の治療を継続されていますが 脚の筋肉の機能が向上し 歩行が安定してきました

「ドンッ!」と、倒れ込むように椅子に座られていたのが ゆっくり座れるようになり 圧迫骨折のリスクが減らせました。

目覚ましい変化です。 ご自宅でお願いしている ホームリハも取り組んでくださり 素晴らしく頑張っておられます

 

患者さんのご希望は「現状をできるだけ維持 継続しご自身で歩きたい」との事でした。

残念ながら私の技術では治すことは出来そうにありません しかし、維持・向上させることはできつつあります

難病・原因不明でも維持・向上に対して アプローチは変わらないのです。小手先でない証明です。

 

 

現在 お困りの患者さま 原因不明で病院での治療が芳しくないと思われている方

自律神経失調症と診断され 薬以外の治療を模索している方 

原因が特定できる できない どちらにせよ 現状をどーにかしたい方 

当院がお手伝いできるかもしれません。 出来ないかもしれません。

しかし、全力は尽くしますよ 気軽に、ご相談ください。

 

急な腰痛・急なムチウチ症の治療は
たんぽぽ鍼灸整骨院へお任せください
0985-50-119

 


1